ブログ

アーカイブ
  • 【2011年9月29日】

     


     


     


    927日、橋本茨城県知事が安住財務大臣を訪れ、第3次補正予算案に関する茨城県の要望を提出しました。


     


    知事は総理官邸に野田総理も訪ね、茨城県選出の超党派の国会議員も多数同行しました。知事は‘茨城をわすれないで’というタイトルの、県の被災状況をグラフと写真などで表した資料で説明しました。


     


     


     


     


     


    そして、茨城県は農畜水産物の出荷規制や風評被害に苦しんでいるほか、観光業も被災3県(福島・宮城、岩手)と同様の大きな被害を受けたにもかかわらず、国の復興基本方針や補正予算で3県と同様に扱われていないと訴えました。


     


    最後に、第3次補正予算の編成に当たって、茨城県及び県内市町村を東北3県及び3県市町村と同様に扱うよう強く要望しました。


     


    安住大臣は、NHK記者時代に総務省の課長であった旧知の橋本知事に、出来る限り尽力すると応えました。


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed