ブログ

アーカイブ
  • 【2008年3月7日】

    1月14日に掲載した「9.11の検証を求めた10日の質問の真理」で私が述べたペンタゴンの構造について、間違いではないかとのご指摘を二、三人の方からいただきました。知見のある方々にご教示いただきましたのでお詫びして訂正いたします。ご親切に感謝申し上げます。

     私は「最も強固な三層の壁を貫通した5mの穴もある。」と記載しましたが、この部分は「三層の壁」にはなっていないことがわかりました。ペンタゴン自体は外側から順に「Eリング」~「Aリング」までの5層になっており、「Fリング」に突っ込んだジャンボ機?が「Cリング」の壁に出口の穴(Exit Holeを作ったのですが、E,D,Cの3つのリングは1階と2階ではつながっており、その間には、外壁のような頑丈な壁はないということです。

     国会議員活動の中で、また専門的知識の無い私ですが、今回も欧州で交流させていただいたような多くの学者、専門家、市民、学生の方々の幅広い協力を得ながら真実を探求していきたいと思います。

     

     引き続きご指導とご協力宜しくお願いいたします。

     

     

    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed