ブログ

アーカイブ
  • 【2007年3月5日】

    3月末で廃止が決まって以いる「鹿島鉄道」の鉾田駅で、存続を求めて活動している『ネバーギブアップかしてつ』のボランティアの人々と交流しました。

     

    代表でNHKの海外勤務経験のある吉田亜里子さんや、スウェーデンのヤン・ヘニック・由美ご夫妻などです。

     

    310日までに20万人の署名活動を行おうと週末ごとに呼びかけています。地元野菜の無料配布、お茶のサービスを利用客などに行い、普段は客の少ない電車が超満員で、運行が大幅に遅れるほどです。

     

    市会議員のセクハラ問題で全国の注目を集めている鉾田市が、こうした良い話題で知られることは大歓迎。物事を動かすのは自然発生的な市民の動きであると、つくづく感じました。

     

    鉾田市民の皆さん、あきらめずに頑張ってください。

     



    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed