ブログ

アーカイブ
  • 【2012年6月12日】

















    【質疑応答】

















    問)


     税と社会保障の一体改革についてお尋ねします。自民党が修正協議に応じる姿勢を示しております。受け止めと今後の議論の見通しについてお願いします。


    答)


     自民党、そして公明党、この修正協議受け入れの方向の表明がなされたということは大変喜ばしいことだろうと思っております。自民党さんの方も幾つかその考え方の基本をお出しになっているようですけれども、日程も迫っておりますので、野党のご理解を得ながら限られた時間の中で速やかに協議の体制と陣容と中身を出来るだけ早く詰めて、15日までという総理からの指示もございますので、環境作りを進めていただきたいと。そのために財務省としても、出来るだけ色々な野党の方からのお話に対しても重く受け止めながら前向きに対処していきたいと思っております。


    問)


     妥協点の方は見出せそうでしょうか。


    答)


     私共の方というか、政府・与党の方から出来るだけ修正協議を始めましょうということでお話をしているわけですし、内閣を挙げての最重要課題でございますから出来るだけ柔軟に、そして国のためにどういう合意点で、中身で決着したらいいかという大所高所からの立場で対応していくべきだろうと思っております。

                             
    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed