ブログ

アーカイブ
  • 【2009年7月24日】

       友人で、元朝日新聞論説委員の長岡昇さんは、4月に早期退職し、応募して山形県の大谷小学校の校長に就任しました。その彼から、14兆円の補正予算が“つかみ取り”されているルポのブログが届きましたので、ご紹介します。長岡さん、頑張って下さい。


     


     おおや通信(7) 国が滅びる


     


     週刊東洋経済が7月11日号で政府の補正予算について「14兆円補正の実態は省庁のつかみ取り」という特集を組んでいました。小学校の現場にいると、そのつかみ取りの実態がよく分かります。
     補正予算の成立に伴って、文部科学省は都道府県や市町村の教育委員会を通
    して全国の公立学校に「教育資器材の大盤振る舞い」に乗り出しました。大谷小学校にも「理科の実験器具はいらないか」「電子黒板はどうか」とのお達しが回ってきました。購入可能な物品のリスト付きです。理科教育設備の整備費だけで200億円もの予算がついたのだそうです。
     理科担当の教師に「何か不足していて欲しいものはありますか?」と尋ねると、
    「だいたい足りています」との返事。私が「それなら購入希望を出すこともないね」と言うと、うなずいていました。ところが、朝日町の教育委員会から「せっかくだから要求した方がいい」と言われたようで、私の知らないうちに町教委がつくった予算要求リストに記入して出してしまっていました。
     4月に校長に就任して以来初めて、大谷小の教師を大声で叱りました。「予算が
    あるからといって、とくに必要でもないものを要求するとはどういうことか」「公立の小中学校だけで全国に3万校ある。それが全部、こういう金の使い方をしていたらどうなるのか。国が滅びるよ」。新聞社で鬼デスクと言われたころの地金が出かかりました。
     とはいえ、リストはすでに大谷小学校として提出ずみです。それを掌握していなか
    ったのは私の責任です。いまさら撤回はできません。あまりにも過大と思われるものを削って修正することしかできませんでした。結果的に、大谷小としては72万円余りになりました。要求した主な理科実験器具などは、次の通りです。いずれも「もっとあれば便利」「あれば便利」という機材で、必須のものではありませんでした。


     生物顕微鏡     4台 19万2000円
     野外用の軽量顕微鏡 2台 10万円
     星座早見盤    25個  3万7500円
     気体検知測定器   6台 10万2000円
      
     財政赤字で国の将来が危ぶまれるのに、不要不急なことに金を使おうとしている
    のは文部科学省にとどまりません。農水省は、大谷小の旧校舎跡地に「ビオトープ」を作ろうと動いています。ドイツ生まれのこの構想は、川辺や草原を人工的に作って自然に親しむことをめざすものです。
     都会ならいざ知らず、すぐ近くを最上川が流れ、里山に囲まれているところに何が悲し
    くて人工的な自然をつくるのか。ただただ、農水官僚の仕事ぶりにあきれるばかりです。その最上川の岸辺に、国土交通省は「フットパス」という遊歩道を次々に作っています。地元の人たちは「だれが利用するんだか」とあきれ顔ですが、「金が下りるならイイか」と


    いう態度です。大谷小学校の周辺だけでもこの有り様なのだから、全国ではいったいどのくらい無駄金が使われていることか。暗澹たる思いです。
     道路や建物、器具といった「ハード」ではなく、教育の中身と質の向上、若者の就労
    支援、ハンディを負った人たちへの支援といった「ソフト」にこそ、知恵を絞って資金をつぎ込まなければならない時代になっているのではないでしょうか。
     この国が「なすべき事をなす方向」に進むことを切に願います。


     


    長岡 昇
    メール:  nagaokanoboru@gmail.com
    携 帯: 080-1036-9420
    990-1304
     山形県西村山郡朝日町大谷1147
     大谷(おおや)小学校 校長  
      電  話:0237-68-2011  ファクス:0237-68-2314


     


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed