ブログ

アーカイブ
  • 【2013年5月24日】

    韓国の中央日報が日本への原爆投下を「(神の)懲罰だ」とする記事を掲載しました。第二次大戦末期のドイツ・ドレスデンへの空襲を「ユダヤ人の復讐だ」、広島、長崎への原爆投下については「日本軍国主義へのアジア人の復讐だった」と述べています。

    私は、これに対し、広島の原爆記念碑の碑文のことを伝えたいと思います。この碑文は、「安らかにお休みなさい。過ちは繰り返しませぬから」と記されています。これは元々「過ちは繰り返させませぬから」と記される予定だったものを、当時の浜井市長が、今のように変更したのです。

    繰り返させませぬから」、というのは原爆を投下したアメリカを批判することですが、「繰り返しませぬから」というのは、この悲劇をもたらした人類全てが一緒に反省して、このような悲劇を繰り返さないという誓いをあらわしたものです。

    憎しみの連鎖を繰り返さないという、人類全体への素晴らしいメッセージなのです。こうしたレベルでの交流が隣国間でますます重要です。勿論第二次大戦に関する、日本の指導者と国民の謙虚な反省が前提です。

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed