ブログ

アーカイブ
  • 【2010年5月15日】

     13日、玄葉光一郎財務金融委員長らとともに在日米国商工会議所メンバーと意見交換をしました。



    「在日米国商工会議所メンバーと意見交換を行う」(民主党ニュース5/13)


    http://www.dpj.or.jp/news/?num=18173


     玄葉光一郎財務金融委員長は13日午前、都内でウィリアム・ビショップ在日米国商工会議所副会頭らと意見交換を行い、金融・経済分野の協力の重要性を再確認するとともに、日本がアジア経済でリーダーシップを発揮していくための英語教育の在り方について活発な議論を交わした。

     冒頭、在日米国商工会議所側は、金融業界が昨今波乱含みで過渡期に差し掛かっているといえるが、新しい国際ルール作りに日本がアジアの金融センターとして積極的な役割を果たしてほしいとの期待を述べた。

     民主党議員側は、国際社会で日本が活躍するためにも若者に世界に羽ばたいてほしいが、最近、海外留学する学生が減少している状況を説明し、高校までの英語教育にも力を入れていくことが必要であると思うとの見解を示した。
     懇談には、藤田幸久参議院議員(国際局長)、谷岡郁子参議院議員(国際局副局長)、中林美恵子衆議院議員が同席した。


     


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed