ブログ

アーカイブ
  • 【2007年10月20日】

    女子留学生日本語弁論大会が、水戸市国際交流センターで開催されました。

     

    筑波大学と茨城大学で学ぶ、バングラデシュ、中国、モンゴル、中国内モンゴル、ウズベキスタン、韓国の留学生8名が弁論を行いました。

     

    「なぜ日本人は温泉が好きなのでしょうか?」、「日本で初めての新年」、「小さな平和から」、「安心して暮らせる社会」、「心の中のケンカ」などのテーマで、日本人顔負けの立派なスピーチを披露してくれました。

     

    来賓の私は、2年間の海外ホームステイの旅の経験から、「友達のいる国とは、絶対戦争をする気にはならない」という教訓から、「留学先の日本を好きになって帰国してもらうようホスト、ホステスの皆さんお願いします」と挨拶させていただきました。

     

    審査委員長の茨城大学の杉下恒一教授とは、私がNGO、彼が読売新聞記者時代以来の仲間で、田宮直子つくば市議会議員も審査委員を務めていました。

     

            

            

     

    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed