ブログ

アーカイブ
  • 【2008年8月2日】

     遂に、追い込まれた福田総理が内閣改造を行いました。これは「自民党最後の内閣」になる運命と思われます。


     ほとんどの派閥のボスなどの顔を立てたという印象が強い顔ぶれです。選挙に向けての挙党体制と言いますが、選挙にたどり着くまでに内部分裂しないしないために八方に気を配った内向きの人選で、国民の生活が第一とはかけ離れた人事です。


     明治維新前夜には、水戸藩出身の最後の将軍、徳川慶喜公が「大政奉還」を断行しました。今必要なのは、民主主義の主役である国民に「大政奉還」を行うべきであり、それが総選挙による判断を仰ぐことです。


     


     


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed