ブログ

アーカイブ
  • 【2009年6月10日】

     民主党・戦後処理に関するPT捕虜問題小委員会の第2回委員会が4日に開催されました。


     内海愛子(早稲田大学客員教授・POW研究会共同代表)、笹本妙子(POW研究会事務局長)、有光健(戦後補償ネットワーク世話人代表)の3人の専門家を招き、捕虜問題の概要や最近の動きについてヒアリングを行いました。


     今回は、委員長の峰崎議員をはじめ事務局長の大島九州男議員、衆議院議員では細川律夫議員・近藤昭一議員・古賀一成議員、参議院議員では今野東議員・神本美恵子議員などが出席されました。


     これまでの関係団体や関係者からのヒアリングなどを受け、イギリス人とオーストラリア人の元捕虜の方々を日本に招聘し、各捕虜収容所のあった企業などを訪問し、政府や国会関係者にも会って頂き、捕虜問題の解決を促すことになりました。民主党はじめ超党派で呼びかけをし、近日中に実現するよう協力することになりました。


     


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed