ブログ

アーカイブ
  • 【2010年3月14日】

    「ワシントン・ポスト紙」は、3月13日「編集者への手紙」で、3月8日の藤田幸久に関する社説に対する二人の投書を掲載しました。(仮訳)


     


    「日本のステーツマンに関する、扇動的で、不公平な見方」(編集者による見出し)


     


    1 藤田幸久参議院議員


    私は、3月8日付の社説『日本における有毒な思想』の誤った立場の訂正を求めます。                                                      


    まず初めに、私は、記述された参議院外交委員長ではなく、国際・地球温暖化問題に関する調査会という常任ではない調査会の、(長ではなく)6名の理事の1人です。 また民主党の国際局長は、貴記者が指摘したような、政策に責任を持つ職務でもありません。さらに、私は事前に合意していたインタビューのテーマである日本の移民政策について、私個人の立場で答えることに同意しており、記者もまた、それが党あるいは政府の立場ではなく私個人としての見解であることを了解していました。記者が、インタビュー後の雑談をこのような扇動的な形で掲載したことは、迷惑なことです。


    何よりも、私の見解が、アメリカ合衆国への「深い不信感」を現し、わが党(民主党)と鳩山政権が「反米感情を反映している」という主張に対して強く抗議します。私は、米国の友人がたくさんおり、また何十年にもわたり二国間の掛け橋となるよう努めてきました。私は「陰謀」といったことを全く述べていないにも拘らず、「有毒な思想」、「陰謀論」、「知的ないんちき」、「狂った偏向的分子」、そして「向こう見ずで、事実を歪曲する」と描写して、私の信用を損ねたことに対し、謝罪を求めます。


    2 レスター・テニー(「バターン死の行進」生存者。バターン・コレヒドールのアメリカ守備隊元司令官)


     


    私は、日本の藤田幸久氏に関するワシントン・ポストの社説を読んで驚きました。描かれた参議院議員の姿は私を悩ませました。しかし、それは話の全てではありません。


     


    藤田氏は、この65年間も元捕虜を苦しめてきた問題を解決して欲しいという私の訴えを聴いて下さった数少ない日本人の一人です。2008年1月に私は彼に日本の「平和友好交流計画」のことを話しました。この計画で日本政府は、これまでに1400万ドルを費やして1200名の元捕虜やその家族を日本に招いて和解を促進しました。藤田氏は、日本がこの計画からアメリカ人元捕虜を除外してきたことを知って当惑しました。彼はこの不正を正すことを約束しました。


     


    間もなく、藤田氏の粘り強く静かな努力を通して、日本政府は高齢となっている少人数のアメリカの元捕虜たちを日本に招くようです。この計画を拡大するいかなる試みも、彼の努力から来ることに疑いはありません。


     


    ワシントン・ポストの編集委員は藤田氏の話の一部を述べたに過ぎません。藤田氏の優れた仕事を見過ごしたことは残念なことです。


     


     


    (以下は英語の原文)




     An ‘inflammatory’ and partial view of a Japanese statesman


     


    I would like to correct the erroneous stance taken by your March  8 editorial “Poisonous thinking in Japan.”
    First of all, I am not the head of the foreign affairs committee in the House of Councillors, as you suggest, but one of the six directors (not the head) of the ad hoc Research Committee on International Affairs and Global Warming Issues. Nor am I responsible for policy-making in my capacity as director-general of the International Department of the Democratic Policy of Japan, as you imply.
    Furthermore, I agreed to talk to your writer in my personal capacity, regarding the agreed-upon topic of Japan’s response to immigration, and he agreed that the opinions I expressed were my own and not party or government policy. I find it disturbing that your writer should have chosen to use our informal chat after the interview in such an inflammatory way.
    Above all, I strongly protest your statement that my views exhibit a “profound distrust” of the United States and “reflect a strain of anti-American thought” in my party and the Japanese government. I have many American friends and have spent many decades endeavoring to serve as a bridge between the two countries..
    I believe I am owed an apology for this attempt to damage my credibility by painting me with “poisonous thinking,” “conspiratorial views,” “intellectually bogus,” “lunatic fringe” and “reckless and fact-averse,” despite the fact that I had never stated “conspiracy” as such.
    Yukihisa Fujita, Tokyo
    The writer is a member of Japan’s House of Councillors.


     


     


    I was surprised to read The Post’s editorial regarding Yukihisa Fujita of Japan. The portrait painted of the senator was troubling to me. However, it was not the whole story.


    Mr. Fujita is one of the few Japanese who have listened to my plea for help in resolving the issue that has haunted some former POWs for 65 years. In 2008, I told him about Japan’s “Peace, Friendship and Exchange Initiative.” Under this program, the government of Japan has spent more than $14 million to invite 1,200 former POWs of Japan and their families to Japan to promote reconciliation. Mr. Fujita was embarrassed to learn that his country had excluded American POWs from this program. He promised to correct this injustice.


    Soon, through Mr. Fujita’s persistent and quiet efforts, the government of Japan may finally invite a handful of aging American POWs to Japan. Any efforts to widen the program will no doubt come from his efforts.


    The Post’s editorial writer told only part of the story of Mr. Fujita. It is unfortunate that he missed the good work he has done.


    Lester Tenney, Carlsbad, Calif.


    The writer is a survivor of the Bataan death march and Past National Commander of American Defenders of Bataan and Corregidor.


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed