ブログ

アーカイブ
  • 【2019年2月24日】

    天皇陛下の在位30年を記念した式典が国立劇場で開催されました。天皇陛下が、平成の30年間が「国民の平和を希求する強い意志」によって「近現代において初めて戦争を経験せぬ時代」と述べられた時には胸が詰まりました。その後、平成は決して平坦(へいたん)な時代ではなかった、とも述べられ、「多くの予想せぬ困難に直面した時代」だったとし、「日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」とまで述べられました。
     陛下は天皇の務めを人々の助けを得て行えたことを「幸せなこと」と振り返り、「この国の持つ民度のお陰でした」とも述べられました。これだけ国民とともにある国のリーダーが、現在世界の他の国にいるのだろうかとさえ、私は思いました。
    この後国民代表として、東日本大震災で被災した福島県の内堀雅雄知事が感謝の言葉を述べた他、陛下が読まれた琉歌(沖縄の歌)に皇后さまが曲をつけた「歌声の響」を沖縄県出身の歌手三浦大知さんが歌われました。
     国民の皆様の代表としてこうした場にいられることがいかに光栄なことかと謙虚と感謝の気持ちで一杯でした。
    52933339_1939960226212471_4004936396543361024_n

    52631643_1939960219545805_8508246414269087744_n

    52920457_1939960266212467_3224661338462617600_n

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed