ブログ

アーカイブ
  • 【2018年4月19日】

    【外交防衛委員会で質問しました】

    本日の外交防衛委員会でマラケシュ条約、シップ・リサイクル条約、自衛官暴言問題、防衛省日報問題、そして日米首脳会談について質問しました。
    自衛官の暴言問題については、自衛官が国会議員を罵声したことに対して小野寺防衛大臣が自衛官を擁護している点について質問しましたが、「自衛官の内心の思うところについては自由である」と擁護し、発言自体があったことも調査中とし、質問に対するまともな答弁がありませんでした。
    日報問題については佐藤外務副大臣にも質問しましたが、日本だけが憲法9条が存在するため、一般的に使う「戦闘」という言葉と、政府が使う「戦闘」という法的言語が異なるということが判明しました。 自衛隊の日報で「戦闘がある」と記載しても、法的解釈で政府は「それは戦闘では無い」と言えるということになります。 このダブルスタンダードの存在に関しては今後も追求していく所存です。
    20180420.17

    20180420.18

    20180420.19

    20180420.20

    20180420.21

    20180420.22

    20180420.23

    20180420.24

    20180420.25

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed