藤田幸久 Official Site藤田幸久 Official Site

MENU

ブログ

2017年04月25日4月25日に参議院外交防衛委員会にて質問しました

4月25日に参議院外交防衛委員会にて質問しました。

1. 尖閣諸島の施政権と領有権について、沖縄返還以降、米国が尖閣諸島の日本の領有権について表明した事実があるかを質問しました。岸田外務大臣はそうした事例を具体的に挙げることができず、更に確認していくと答弁しました。

2. シリアに対する米軍の攻撃について、アサド政権が化学兵器を実際に使用したというエビデンスがあるのかどうか質問しましたが、岸田外務大臣は化学兵器が使用されたという事実を述べるだけで、誰が使用したかについての答弁を避けました。そこでアメリカのホワイトハウスのホームページで、「日本が米国のミサイル攻撃を支持したと表明しています」と記載されていることを質しましたが、岸田外務大臣は日本がアメリカのミサイル攻撃を支持したわけではなく、化学兵器を使わせないという「決意」に対して支持を表明しただけだとの答弁を繰り返しました。であるとすればアメリカ政府の認識が間違っているので訂正を求めたのか質問したところ、訂正は求めていないと答弁しました。

3. 朝鮮半島情勢について、米軍空母カールビンソンと海上自衛隊艦船による共同作戦について、この共同作戦はアメリカが「威嚇」するという作戦をとった場合(実際に北朝鮮に対する威嚇であると表明)、「武力による威嚇は行わない」と定める日本国憲法9条と矛盾するのではないかと質問しました。 また、北朝鮮在住の拉致被害者、日本人妻、残留日本人等の邦人救出について、ストックホルム合意に基づいて北朝鮮にいる日本人情報を北朝鮮側に求めているのか質問しましたが、岸田外務大臣からは誠実な答弁はありませんでした。
20170425.03 20170425.04 20170425.05