藤田幸久 Official Site藤田幸久 Official Site

MENU

ブログ

2017年03月04日National Prayer Breakfast(NPB)「全米祈祷朝食会」代表のダグラス・コーさんが逝去されました

National Prayer Breakfast(NPB)「全米祈祷朝食会」代表のDouglas Coe(ダグラス・コー)さんが88歳で2月21日逝去されました。本日(現地3月3日)告別式が開かれます。

 

NPBは1953年のアイゼンハワー大統領時代以来開催され、毎年大統領、議会議長、米軍統合参謀長などが出席します。米国議会では上下両院議員が一緒に祈る朝食会が毎週開催され、その年次総会がこのNPBです。米国はキリスト教の国ですがNPBだけは世界各国から様々な宗教の議員などが招かれます。

 

私は今回で3回目の出席そすることができました。昨年はオバマ大統領の最後の演説を聴き、今回はトランプ大統領の初の演説を聴くことができました。トランプ大統領の演説は、宗教の自由を守ることに全力で取り組むことがメインテーマでした。様々な宗教や人種、社会階層の人々がそれぞれが信じる宗教の自由を守ることが国の責任であり、国民を分断するのではなく、国民の融和に取り組むという決意を訴えました。これまでの大統領の演説などどは異なる、この朝食会議ならではの謙虚な演説で大きな歓声が上がりました。今年はヨルダン国王はじめ、米国の約50州、世界の約140カ国から3千5百人以上が出席しました。

 

ダグラス・コーさんは、こうした信頼のネットワークを通して、南アフリカの黒人と白人との和解によるマンデラ政権の誕生、イスラエルとアラブ諸国との仲介など様々な仲介・和解活動も行ってきました。NPBでは常に世界中の対立するグループが集まっています。
この写真は2014年4月に江崎孝参議院議員と共にワシントン郊外の彼の自宅を訪ねた時のもので、キックライター元将軍とジョン・ナカムラさんが同席してくれました。

 

世界に分断と対立の流れが多くなっている今、大事な人を失ったことが残念であるとともに、その分私もさらなる貢献をしなければならないとの決意を新たにしました。
20170304.04