ブログ

アーカイブ
  • 【2015年6月29日】

     自民党の勉強会で、「報道機関に圧力をかけるべきだ」、とか「沖縄の新聞をつぶせ」、といった発言があった問題は、これまでも沖縄の新聞以外は、政府与党の意向に沿う報道をしていたことを明らかにしていると言えます。他方、最近は地方紙の頑張りが目立ちます。例えば茨城新聞なども広告収入の割合が少ない共同通信などと連携していることもあり、公平中立な論調や紙面の構成が目立ちます。今朝は沖縄の二紙の寄稿を掲載した他、昨日も「いばらき春秋」や「デスク日誌」で特徴ある論調を載せています。報道の使命を果たす地方紙に期待しています。

    茨城新聞

    2015年6月28日

    ibarakishinbun20150628

    茨城新聞

    2015年6月29日

    ibarakishinbun20150629

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed