ブログ

アーカイブ
  • 【2014年6月24日】

     両院議員総会で発言しました。

    ①首相、代表、幹事長経験者で一緒に被災地を訪問し、党の一体感を示してほしい。
    ②大臣経験者は、在任時の責任や継続性にこだわらず、野党として政策転換をする時ではないか。
    ③自民党が野党になり、党勢が衰えた時、分裂せずに頑張った経験に学ぶべきだ。

     などと提案しました。

    6.24.1

     

    ※6/27追記

    24日の民主党両院議員総会の私の発言に対して、ある団体の幹部から以下のメールが参りました。「両院議員総会における藤田先生のご発言を拝見しました。僭越ながら、総会の中で最も前向きで重要なご発言であり、大変心強く感じました。これからも是非、民主党を引っ張っていただきますようお願い申し上げます。」有難いことです。党が危機的な状況にあり、何とか団結を維持しながら反転攻勢をかけなければならないとの思いでの私の発言でした。こうした激励に応えるように頑張っていきます。

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed