ブログ

アーカイブ
  • 【2014年5月29日】

     安倍総理が参議院外交防衛委員会に出席しました。福山議員の質問に対し、はぐらかしたり、長い原稿を読み上げる答弁が目立ちました。日本周辺の有事の際、日本人などを輸送するアメリカの艦船を防護する事例は現実的ではないという指摘に対し、「最初から『こういう事態はない』と排除していく考え方は、『嫌なことは見たくない』というのと同じことではないか。あらゆる事態に対応できる可能性や選択肢を用意しておくことは当然だ」と述べました。そして「今の憲法解釈のもとでは個別的自衛権の行使でアメリカの艦船の防護を行うことはできない。周辺事態法でも船舶の防護を行うことができない」などと、感情的に集団的自衛権の行使容認の必要性を強調しました。

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed