ブログ

アーカイブ
  • 【2014年5月12日】

    今朝の茨城新聞の「日本がどんなに豊かな国になっても『健康』は輸入できません」という洒落た意見広告が目を引きました。JAグループ茨城と生協パルシステム茨城によるものですが、TPPが農協や医師会や郵便局や保険会社などの団体に対する影響よりも、生活する私たち一人一人の健康そのものに影響を与えることを、押し付けでなくわかり易く訴えています。しかも、他県の農協がTPPに対する意見を明確に表明しないのに対し、茨城県のJAグループは国会前での行動を含め、はっきりと意思表明をして行動している姿勢に頭が下がります。

    TPP

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed