藤田幸久 Official Site藤田幸久 Official Site

MENU

ブログ

2007年02月17日【東京新聞】『茨城には潜在力ある』参院選民主公認を受け 藤田幸久氏が会見

『茨城には潜在力ある』
参院選民主公認を受け 藤田幸久氏が会見

東京新聞 2007/02/17(土)

 七月に予定される参院選茨城選挙区で、民主党公認が決まった元衆院議員の藤田幸久氏(56)が十六日、県庁で記者会見し、「茨城には潜在力がある。県南は産業と農業の両立、県北では地域開発を生かした対応をしたい」と意欲を見せた。

 藤田氏は日立市出身。一九九六-二〇〇〇年と〇三-〇五年に衆院比例代表東京ブロック選出。

 選挙区の「国替え」については、「東京の後援会幹部は『応援する』と言ってくれている」とする一方で、「生まれも育ちも茨城。落下傘ではなく、茨城に足がある」と強調した。

 連合との候補者選定作業が難航したことについては「多少の時間の遅れはあるが、総合的、機能的に支援してもらえると思う」と、影響がないとの見通しを示した。同席した大畠章宏県連代表も「紆余(うよ)曲折があったが、連合にも理解をもらいながら公認に至った。当選に全力を挙げたい」と述べた。

(布施谷航)