ブログ

アーカイブ
  • 【2012年3月19日】

     藤田幸久財務副大臣就任記念「新春の集い」が317日、国政報告会を兼ねて、水戸市の三の丸ホテルで開催されました。


     


    【写真左:関周行藤幸会会長/右:橋本昌知事】


     


     主催者を代表して関周行元茨城県弁護士会会長による開会挨拶に続いて、呼びかけ人として、大槻和夫(茨城県酪農業協同組合連合会会長)、児島強(連合茨城会長)、小松満(茨城県医師連盟委員長)、関正夫(茨城三田会会長)氏代理、田村陽一(茨城県税理士政治連盟会長)氏代理、橋本昌(茨城県知事)、幡谷祐一(茨城県信用組合理事長)、原中勝征(日本医師会会長)、綿引勝茂(茨城県東部地区郵便局長会会長)代理の各氏が登壇しました。



    【写真左:連合茨城児島強会長/中:日本医師会原中勝征会長/右:茨城県医師連盟小松満委員長】


     


     橋本昌茨城県知事は、東日本大震災のグループ補助金や、原子力災害周辺地域産業復興立地補助金などの茨城県関係予算の決定に関する藤田副大臣の貢献に感謝を述べました。連合茨城の児島会長からは、政権交代後の民主党の政権運営には落胆しているが、働く人々の生活のために頑張って欲しいと激励が寄せられました。原中勝征日本医師会会長は、東日本大震後の被災現場や避難所での政府の対応の遅れを、すぐに総理官邸や関係大臣につないで迅速な対応を取ってくれた藤田議員の対応を評価しました。小松満茨城県医師連盟委員長は、昨年末の診療報酬改定のアップに向けての様々な貢献にお礼が述べられました。



    【写真左:吉原英一坂東市長/右:吉成明日立市長】


     


    次いで、高橋靖水戸市長、吉成明日立市長、長谷川典子常総市長、大久保太一常陸太田市長、草間吉夫高萩市長、市原健一つくば市長、海野徹那珂市長、吉原英一坂東市長、宮嶋光昭かすみがうら市長、片庭正雄つくばみらい市長、小林宣夫茨城町長、小谷隆亮大洗町長、阿久津藤男城里町長、村上達也東海村長、中島栄美浦村長、染谷森雄五霞町長が登壇しました。


    市町村長を代表して吉原英一坂東市長からは民主党政権に対する厳しい叱咤激励が、また吉成明日立市長からは6号国道バイパス延長への予算措置に対する感謝が表明されました。


     



    次いで藤田幸久が謝辞を述べ、長年人道援助の仕事に携わってきた 経験を活かし、震災復興と茨城の再生に全力を尽くす決意を述べると共に、財務省の中で、①公務員宿舎削減や公務員の定員削減、省庁の事務費の削減など身を切る改革、②デフレの緊縮財政の中での診療報酬と介後報酬のアップ、③電力事業の改革において、公費投入の抑制よりも、国民経済(負担)の立場から電力料金値上げを抑える政策の推進、といった政治主導による対応を指示してきたとの報告が述べられました。



    【写真左:茨城県信用組合幡谷祐一理事長/右:民主党茨城県連会長郡司彰参議院議員】


     


    乾杯は幡谷祐一茨城県信用組合理事長の音頭で行われました。


     



    【写真左:大畠章宏前国土交通大臣/右:茨城県歯科医師会森永和男会長、中央は水戸ホーリーホック沼田邦郎社長】


     


    その後、郡司彰民主党県連会長、大畠章宏前国土交通大臣、福島伸享代議士、柳田和巳代議士、森永和男茨城県歯科医師会会長、沼田邦郎水戸ホーリーホック社長からご挨拶を頂きました。


    最後に、大槻和夫茨城県酪農業協同組合連合会会長のエールで盛大に中締めが行われ、会が終了しました。  


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed