ブログ

アーカイブ
  • 【2011年10月8日】

     10月6日、日本医師会原中勝征会長と、野田佳彦総理と民主党輿石東幹事長を訪問しました。


     


     


      (右から、長浜官房副長官、野田総理、原中会長)


     


     原中会長からは、東日本大震災以降、日本医師会が2500組以上の医師団を被災地に派遣している他、歯科医師会、薬剤師会など医療関係40団体と連携して被災地支援活動を行っていることを報告しました。


     


      


                (中央が輿石幹事長)


     


     さらに、今後の日本社会の大きな課題であり、野田政権の重要政策でもある「税と社会保障」問題や高齢化社会における患者の立場にたった医療と社会保障政策の在り方などについての意見を述べました。


     


     これに対し野田総理や輿石会長からは、政権交代の大きな推進力の一人であり、重要な政策に建設的な発信を行う原中会長への敬意が示されました。


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed