ブログ

アーカイブ
  • 【2011年7月15日】

    13日、超党派の茨城県選出の国会議員でつくる震災復興連絡会議に出席しました。


     


     


                        


        (左から) 長岡桂子衆議院議員、石井啓一衆議院議員、 郡司彰参議院議員 、福島伸享衆議院議員


     


     


    会議では、まず文部科学省の担当者から震災後から現在までの政府としての対応、福島原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する指針についての説明を聴取しました。


     


     


    説明後の、国会議員との意見交換では、いまだに対応されていない部分や問題点、早急に対応してほしい点などを確認しました。


     


     


    補償の問題では、風評による被害で既に自腹で補っている部分、また今後必要な部分の補償を国がしっかりカバーする体制を作り、県民の衣・食・住の安心を早急に取り戻す事ができる対応を政府に強く要望することになりました。


     


     


    そして、近々平野復興担当大臣の茨城訪問などの可能性を模索することになりました。


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed