ブログ

菅首相と二人で大震災への対応で意見交換2011年04月01日

昨日(31日)朝、首相官邸から連絡があり、菅直人首相と二人で40分程、東北関東大震災への対応についてお話ししました。

 

 菅さんからは今回の災害に対する海外からの見方などについて話を聞きたとのことでしたので、まず私のハイチやスマトラの地震・津波の被災地支援の経験をお話ししました。

 

 そして、「今回の地震・津波被害に続く福島原発事故の状況を、世界は自国の市民生活や世界経済、そして生態系にも影響する問題と受け止めています。同じような経験を持つ国々や国際原子力機関(IAEA)などの知見を生かして対応して頂きたい。そして、日本の問題であり世界の問題として対応して頂きたい」と意見を述べました。

 

 菅さんは、私の話をていねいに聞いた上で、「厳しい局面だが、世界も注視しているので、そのことも受け止めて一生懸命対応したい」と決意を語りました。

 

----

活動実績

もっと見る