ブログ

丹羽雄哉、赤城徳彦議員も地元行事に顔出し2008年10月13日

10日はつくば市戦没者追悼式に出席しました。

 

私は「つくばの高エネルギー加速研究機構の小林教授がノーベル賞を受賞されましたが、多くの国々の学者が大きな共通の目標に向かって国境を越えて協力し合うこうした活動が、平和を築く上で模範となります。

2千数百柱の英霊とそのご遺族の皆様に報いるためにも、恒久平和を確かにする決意を改めてお誓い申し上げます」と追悼の辞を申し上げました。

 

 

 

11日はかすみがうら市敬老式典に出席しました。

100歳、99歳、88歳、77歳などの方々が表彰を受けました。100歳以上が現在107名とのこと。

私は104歳まで生きた加藤シズエ議員が100歳まで生きるコツとして、

 ①昨日うまくいかなかったことを翌日まで持ち込まない。

 ②一日に10回感動する。

 ③牛乳を3本飲む。 という秘訣を披露させていただきました。

 

 

 

12日は水戸市の市民運動会をいくつか回りました。

 

 

 

つくば市とかすみがうら市の行事には自民党の丹羽雄哉代議士、水戸の運動会には赤城徳彦代議士が参加していました。普段あまりお見かけしないこうしたベテラン議員もこうした行事でお見かけし、いよいよ選挙近しの感です。

 

----

活動実績

もっと見る