ブログ

アーカイブ
  • 【2007年11月8日】

    小沢代表と福田総理の党首会談、大連立協議、小沢代表の辞意表明と続いた「小沢ショック」も、ようやく今日で収束することができました。

     

    両院議員懇談会、そしてその後の記者会見における、小沢代表の謝罪と懇切な説明は、今までの小沢さんには無い、謙虚で人間味のある発信でした。会見では、先日の小沢さんのマスコミ批判に対する仕返しのような、えげつない質問が相次ぎましたが、切れずに辛抱強く応えていたのが「変わった」小沢さんをよく現していました。

     

    昨日の当選期別懇談会で私が述べたことが、一部今朝の新聞に掲載されていますが、概要は以下のようです。

    「小沢代表から、反省と謝罪の気持ちを国民や党員に述べてもらうことが、党のイメージ回復につながる。心に響く発信をしてもらえる絶好の機会だ。過去4回、任期途中で民主党の代表が辞任したが、総選挙での敗北や偽メール問題、年金未納問題などが理由で、それに比べ今回は辞める必要はない。今回のダメージは大きいが、ここをしのぎ、“自己回復力”を示すことが重要だ。過去4回と異なり、本当に追いつめられているのは、防衛庁や厚生労働省などの問題があふれる政府側である。ここを切り抜けられれば、どんどん政府側の不祥事が続出し、潮目が変わる。民主党国会議員の総意で小沢代表に続投してもらうべきだ。」

     

    是非、反転攻勢のスタートにしたいと思います。

     

    国民の皆様に大変ご迷惑をお掛けしましたことを、党員として心からお詫び申し上げますと共に、更なる叱咤激励の程お願い申し上げます。

     

             

    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed