ブログ

アーカイブ
  • 【2007年10月24日】

    昨日から、いよいよ参議院外交防衛委員会が開催されました。衆議院の外務委員会と安保委員会の両方を統合したような委員会で、基本的に外務大臣と防衛大臣の両方が出席します。加えて、衆議院ではテロ特別委員会があるのに対し、参議院では無いので、給油新法もこの参議院外交防衛委員会で審議されます。

     

    まさに今国会の最大テーマである給油新法の主戦場となる委員会ですが、臨時国会が9月10日に開会されたにも拘らず、政府の法案提出が今まで遅れ、加えて、インド洋の給油転用問題と守屋前防衛次官の疑惑問題が加わり、いつ参議院にくるかわからない不透明な状況です。

     

    私はこの委員会の理事で、北沢委員長(民主党)と浅尾慶一郎ネクスト防衛大臣とともに、参議院第1党として委員会を主導する役割です。

     

    今問題になっているインド洋の給油転用問題の発端となった、「自衛隊の給油艦からの給油は80万ガロンではなく、20万ガロンである」と福田官房長官と石破防衛長官(当時)が間違った発言を行ったのがこの委員会です。

     

    しっかり、質疑を行って参ります。

    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed