ブログ

マンスフィールド財団「ウクライナ危機:日米関係・日露関係への影響とは」を傍聴2022年02月10日

マンスフィールド財団主催のセミナー「ウクライナ危機:日米関係・日露関係への影響とは」を傍聴しました。
ウクライナでの緊張が高まり、米、英、仏、中、ロシアのトップ会談が続く今、日本は一見遠い関係国のように見えますが、台湾有事や北方領土問題、エネルギー問題などに直結する重要な問題です。
ギルバート・ローズマン教授(アサン・フォーラム編集長)、岩間陽子教授(政策研究大学院大学教授)による発議と旧知のフランク・ジャヌージ(マイク・マンスフィールド財団理事長)から示唆に富む情報を得られました。
コロナのお陰で、こうしたセミナーに直に参加できる機会が増えています。#マンスフィールド財団 #ウクライナ #ギルバートローズマン教授 #岩間陽子教授政策研究大学院大学教授

活動実績

もっと見る