ブログ

「日本の進路を決めた10年」が再評価。書評を思い出しながら2020年04月27日

(2年前のブログから)井之上パブリックリレーションズの鈴木孝徳社長さんに藤田幸久訳「日本の進路を決めた10年」の書評を書いていただきました。日韓関係の改善が求められる中、今、この拙訳書が再評価されています。

活動実績

もっと見る