藤田幸久 Official Site藤田幸久 Official Site

MENU

ブログ

2019年12月03日桜を見る会問題の陰で、消費増税の悪影響が明確に

10月1日の消費税増税による悪影響の数字が明らかになってきました。
10月の自動車販売台数が前年同月比▲24.9%、
首都圏マンション販売戸数が前年同月比▲29.5%、
大手百貨店売り上げが4社でほぼ2割減など、相当の落ち込みです。
10月の小売販売額指数も、2015年の100に対し96.9と、    前月比▲14.4%、前年同月比▲7.1%と、大きく下げました。
また、10月の鉱工業生産指数(2015年=100)も、前月比4.2%の低下。この指数は、2013年春に量的緩和が始まった頃の水準とのこと。
政府は認めていませんが、「駆け込み消費を上回る景気の落ち込み」は、これから相当響いてくると思います。これに、アメリカから始まった株の下落が追い打ちをかけます。
これについては、近々ご報告します。