藤田幸久 Official Site藤田幸久 Official Site

MENU

ブログ

2012年05月16日沖縄復帰40周年の記念式典に出席

15日沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた、沖縄復帰40年の記念式典に政府の一員として出席しました。野田佳彦首相や仲井真弘多知事ら主催者のほか、衆参両院議長、ルース米国大使など約1000人が出席しました。式辞で野田首相は「『鎮魂と平和への決意』と沖縄県民への思い、沖縄の未来に思いをはせる日だ」と述べました。また、「米軍普天間基地の固定化は絶対にあってはならない。沖縄の基地負担の早期軽減を目に見える形で進める」と述べました。

(右から、ルース大使、平田参院議長、仲井間知事、野田総理、

 稲峰前知事)

 仲井真知事は「沖縄県は40年前に比べると大いに発展し、県民は郷土に強い誇りと自信を持つまでになった。しかし、日米地位協定の抜本的な見直しや、普天間基地の県外移設と早期返還を県民は強く希望する」と述べました。

 

      (左から、川端総務大臣、仲井間知事)

 圧巻は、沖縄初の国会議員で、沖縄開発庁長官を務めた上原康助氏で、沖縄の差別と苦難の歴史を語り、復帰後の40年は沖縄県民が望むような形で生活や経済、基地負担などは改善していないと率直に指摘し、普天間基地の県外移設を強く求めました。

 ルース米国大使は、日米同盟にとって最も重要な沖縄復帰の意義を述べ、今後も沖縄県民の民意を尊重する支援を行っていきたい、と謙虚な祝辞を述べました。

   

   (鏡割り、左の樽は鳩山元総理、山口公明党代表など)

 大臣数人と副大臣数人、各国大使、衆参の関係議員、各党代表などは、都内から空港、那覇空港から式典会場など貸し切りバスで移動。飛行機もチャーター機。昼食は軽いチラシ寿司、夕食はサンドイッチという質素な団体旅行といった行動を共にしました。

   

          (私は、カメラマン役を務めました)

 簡素に、しかし、心をこめての沖縄の支援という気持ちで一緒でした。

—-