ブログ

アーカイブ
  • 【2009年7月16日】









               民主党ホームページより。









     鳩山由紀夫代表は16日、都内でモンゴルのサンジャー・バヤル首相と会談した。古賀一成国際局副局長、増子輝彦『次の内閣』ネクスト経済産業大臣、福山哲郎、藤田幸久、内藤正光、羽田雄一郎、川上義博各参議院議員が同席した。

     バヤル首相は、今回の訪日目的である日本とモンゴルのウラン分野での共同開発の方針について、ウランだけでなく鉱物資源、石炭、金も含めて、両国の協力を強化したうえでの共同開発が実現されれば、二国間の新しい関係の発展に繋がると期待を込めた。

     また、日本からの援助は、モンゴルにとって大きな発展へと繋がり、日本とEPA(経済連携協定)を結ぶことが重要であると述べた。

     鳩山代表は、間近に迫った総選挙での政権獲得への使命感に触れ、政権交代が実現すれば、日本とモンゴルの協力関係を発展させていきたいと述べると共に、モンゴルとのウラン共同開発について、民主党として大いに協力していきたいと伝えた。


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed