ブログ

アーカイブ
  • 【2009年7月4日】

    東京都議会議員選挙が3日(金)にスタートしました。


     


    私は、本会議後に国会を出て、北区の和田宗春、原田大、足立区の大西智、鈴木勝博の四候補の事務所を訪ねました。


     


    その後、午後4時に足立区鹿浜の北野神社で、鈴木候補の鹿浜地区出陣式が行われました。ここは私が東京12区の衆議院時代に、私の足立区後援会が毎月開催されていた場所で、その時の幹事長が鈴木勝博さんです。保守の地盤が強く、かつ公明党と共産党が東京で最も強いこの地域で民主党の旗を立てることが難しい時に、江戸時代から由緒ある名門の出である鈴木勝博さんが、ずっと私を支えてくれました。私にとっては、東京の故郷での恩返しの選挙でもあります。


     


    その北野神社に、鳩山由紀夫民主党代表が応援に駆けつけてくれました。


    この裏道にある狭い神社に200人以上が詰め込まれるように殺到し、鳩山さんの演説に聞き入りました。「麻生さんは、政権交代は、景気後退につながると今朝演説したそうですが、いま日本が景気後退をしているから政権交代が必要ではないですか!」と鳩山さんが訴えると、地響きのような拍手が鳴り響きました。最前列に座りこんだ小学生たちに鳩山さんが黄色のイラスト入りの名刺を配ると皆が手を出し、人のかたまりができました。


     


     その後、車を飛ばして新田のベルク新田店に着くと、私は今まで新田でみたことのない光景に圧倒されました。大きな駐車場全体が、人,人、人であふれていたのです。そして、北野神社でもそうでしたが、昔の支持者の人たちが次々と手を振ってくれ、その人々の元に出向いて握手をしていると鳩山さんが到着し、大歓声が起こりました。


     


     


     私、鈴木候補、そして鳩山さんが演説する頃には、このハートアイランドという新興の高層マンション群のベランダからも多くの人々が手を振ってくれました。駐車場には500600人位はいたのでしょうか?各社のテレビカメラも数代回っていました。そして一番感動的だったのは、私たちが演説した歩道から駐車場に降りる階段の所に小中学生たちが座っていて、鳩山さんが「税金の無駄使いを止めましょう!」と訴えると、「そうだー!」と応えるなど、その都度素晴らしい反応を示してくれました。


     


     きょうは足立区にとって歴史的な日だと思いました。しかし、こうした「幸先の良い時」は気をつけなければならない。選挙は「終わり良ければ全て良し!」で、ここから引き締めて戦いましょう!と、私は訴えました。


     


     


     


     


     


    —-

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed