ブログ

アーカイブ
  • 【2013年4月26日】

    「藤田幸久を励ます会」が25日東京で開催されました。各界から多くの方々が出席しました。先ず主催者を代表して藤田幸久政経フォーラムの瀬尾兼秀代表代理が挨拶し、衆議院時代からの東京後援会として、参議院議員選挙への支援を呼びかけました。
    来賓として、山田守全国不動産政治連盟会長が挨拶し、財務副大臣として様々な政策実現に貢献してくれた実績に基づき参議院議員選挙への推薦を決めたことを紹介しました。

    政経フォーラム代表代理
    瀬尾兼秀氏
    茨城県宅地建物業協会会長
    山田守氏

    孫先亨元イラン大使は、数年前にワシントンポスト紙が個人名入りで藤田議員への批判を展開した際、日米関係に「影響を持つ」と表現した程、日本の政治家の中で大きな力を持つ政治家であると評価し、参議院選挙での支援を呼びかけました。
    政治作家の大下英治さんは、民主党政権交代の立役者である原中日本医師会前会長や「日本権力構造の謎」の著者のウオルフレン氏の本の企画、出版を藤田議員と一緒に行ったことを紹介しました。そして何としても参議院議員選挙に勝ってもらう為に、
    何度でも茨城に応援にかけつけることを宣言して下さいました。

    元イラン大使
    孫崎 享氏
    作家
    大下 英治氏

    労働界を代表して全印刷の宇田川書記長が挨拶し、働く人の生活を守る為にも是非当選して欲しいと激励しました。
    民主党県連会長の郡司彰元農林水産大臣は、三年前の自分の選挙では藤田議員がアキレス腱を切ったにも拘らず応援してくれて当選出来たので、今回は全面的に応援して当選させたいと訴えました。

    全印刷労働組合書記長
    宇田川 浩一氏
    民主党茨城県連会長
    郡司 彰氏

    次いで藤田幸久が謝辞を述べ、週刊誌の当落予想で,自民党◯、維新の会△プラス、藤田△マイナスといった分析が出ている。既に維新の会は茨城県から三人の全国比例区候補者を公認しており、この三人が、これから決まる茨城県選挙区候補を応援するので、
    四人を相手にする極めて厳しい状況にあることを報告しました。そして、自民党と維新の会で3分の2を獲得して憲法改正や国防軍ので創設といった、真面目に働く人や生活者からはかけ離れた強引な政治を目指しており、これを述べ止めなければならない、
    また格差を拡大する新自由主義やマネーゲームの流れも変えなければならない、と訴えました。
    赤松広隆衆議院副議長、桜井充政調会長、羽田雄一郎元国交大臣、直島元経産大臣、前田元国交大臣などが出席する中、輿石東参議院議員会長が、乾杯の音頭を取って下さいました。

    駆けつけてくれた議員の方々
    (乾杯音頭:輿石 東 参議院会長)
    日本総合研究所所長 寺島 実郎氏

    乾杯後は日本人総合研究所会長の寺島実郎さんが挨拶してくれました。ワシントンでの中枢とのパイプ、地味だが本物のリベラルの軸を持っている数少ない政治家としての評価を頂きました。

    同窓生の皆様
    (中締め:日本酪農連茨城会長 大槻 和夫氏)
    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed