ブログ

アーカイブ
  • 【2018年11月28日】

    今朝藤田幸久政経フォーラムを開催し、慶應義塾大学法学部准教授の磯崎敦仁氏に激動の北朝鮮情勢を読み解いていただきました。

    私からは今話題に上がっている外国人技能実習生の失踪者の問題(低賃金等就労環境の問題)、邦銀の海外与信が最も多い件(日本が欧米の財政赤字を尻拭いしていて日本は実質所得が低下しているという矛盾)、そして地位協定の問題(ドイツ・イタリアに比べて日米地位協定は不利な協定)について話をしました。

    磯崎先生からは北朝鮮の情勢についてご講演いただきました。 日本のメディアがあたかも米朝で戦争があるかのごとく報道していたことは非常に偏った見方であること、日本の拉致問題は日本の命の問題であり、他国に委ねることは問題であること、そしてとにかく対話を辛抱強くし続ける姿勢が重要であることなど、とてもわかりやすくお話いただきました。
    20181128.06

    20181128.07

    20181128.08

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed