ブログ

アーカイブ
  • 【2018年3月29日】

    カンボジア救国党ケム・モノビチア常任委員との懇談会を開催しました。国際IC推進議員連盟(河村建夫会長、藤田幸久幹事長)の主催です。
    カンボジアではサム・レンシー党首が2015年に実質的に国外追放された後に党首となったケム・ソカー党首が逮捕・投獄され、更にこの4割の議席を持つ救国党が解党され、国会議員の公民権が停止されました。国際IC活動にも参加していたケム・ソカー党首の娘であるケム・モノビチア常任委員が、父上の釈放への働きかけを日本政府、国会議員、NPOの皆さんに働きかけるために来日したものです。現在は救国党の公共政策局長で、党の国際外交政策、社会福祉政策、女性政策を担当しています。
    自民党、民進党、希望の党の議員が出席し、日本政府への働きかけを支援することを確認しました。
    またこれに先立ち、カンボジアを支援するNPOや学者の皆さんとの交流会も開催しました。

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed