ブログ

アーカイブ
  • 【2018年2月20日】



     普天間第2小学校の事故後もヘリコプター3機がその上空を通過した事実を米軍側は認めていない。
     事故の原因究明を妨げているのが日米地位協定だ。安倍総理は、日本国憲法は占領期に押しつけられた憲法であり、改憲すべきとの考えだが、米兵の刑事裁判権や身柄引き渡し制限など、国民が米国による押しつけを実感しているのは、憲法よりもむしろ日米地位協定ではないか。(民進党ホームページ、民進プレス改題33号2018年2月16日号7面より)

     

    記事【第196通常国会が開会 代表質問・予算委で安倍総理にただす】

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed