ブログ

アーカイブ
  • 【2015年11月16日】

    「テロ根絶へわが国としてできる役割・責任果たすべき」パリ同時テロ対策会議を開催

     細野豪志・枝野幸男・松原仁・藤田幸久・近藤昭一・福山哲郎・長島昭久 パリ同時テロ対策会議

    民主党は16日、パリで現地時間13日夜に発生した同時テロ事件について対策会議を開き、内閣官房、外務省、警察庁、法務省の担当者から事件の概要と日本政府の取った対応、今後の国内テロ予防対策などについて説明を聞き意見交換した。

    会議の冒頭、テロ犠牲者を悼んで黙祷を捧げた後にあいさつに立った枝野幸男幹事長は「コンサートホールをはじめ、幸福の真ん中にいながら突如こうしたことにあって命を落とされた皆さんに哀悼の誠を捧げる。ご家族、関係者はもとより、フランス国民の皆さんに対して心からお見舞いを申し上げる。こうした非道なテロはいかなる理由があろうと、到底許されない。わが国はフランスとの連帯はもとより、テロを根絶するためにわが国としてできる役割・責任をしっかり果たしていかなければならない」などと述べた。

    民主党広報委員会

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed