ブログ

アーカイブ
  • 【2015年6月3日】

     日本弁護士連合会主催の司法修習生への給費実現を支援する集会に出席しました。
     先日の茨城県弁護士会の会合で、弁護士としてスタートした時点で借金が数百万円だったという方々数名にお会いしました。また、アンケートによれば、司法修習生の辞退を考えた人の約7割の人が「貸与制」をその理由に挙げた。「無収入として扱われ、家を借りることができない」「認可保育所の優先順位が下がった」などの話も聞きました。安定した法曹活動ができなければ法治国家は成り立ちません。若手弁護士の安定基盤が重要です。
     また、昨年は茨城県弁護士政治連盟の「憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認反対」の街頭活動にも参加させて頂きました。弁護士会の皆さんとも連帯して、国会で、安保法制阻止のために全力で闘って参ります。

    6.3.1 6.3.2

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed