ブログ

アーカイブ
  • 【2014年9月28日】

     中国人民解放軍国防大学戦略研究部教授の朱成虎少将が、日中の制服同士の危機管理対応のルール作りについて具体的な提案をしました。
     同時通訳で、 時間の関係で早口で読み上げたので、正確ではありませんが、以下のような項目です。

    1 日中の海上安全に関する定期的な対話
    2 セカンドトラックによる対話
    3 海上での救助活動
    4 海上演習
    5 空中行動ルール
    6 海軍、空軍同士間のホットライン
    7 人道援助
    8 自然災害などの医療援助
    9 西太平洋における共同パトロールと航路安全メカニズム
    10 軍事教官の相互派遣
    11 軍の留学生同士の相互交流
    12 訓練の相互循環
    13 相互通報制度
    14 相手国を対象にした演習はしない
    15 通報制度の確立
    16 宇宙空間ルール構築
    17 サイバー攻撃対応連携
    18 アフリカなど域外での日中協力
    19 日中間の核兵器不使用宣言などです。

     制服の少将から、こうした具体的な提案が出てきたのは大変歓迎すべきことです。

    9.28.5

    [藤田幸久茨城事務所]

    〒310-0852

    茨城県水戸市笠原町600-41-2階

    TEL. (029)-297-8222

    FAX.(029)-297-8221

    [国会事務所]

    〒100-8962

    東京都千代田区永田町2-1-1

    参議院議員会館914号室

    TEL. (03)-6550-0914<直通>

    FAX. (03)-6551-0914

        RSS Feed