鹿行・県央再生
役に立つ政治家

立憲民主党茨城県第2区総支部長
(前参議院議員・元財務副大臣)

ふじた幸久

ふじた・ゆきひさ

コロナに負けずに
「元気な茨城、スマイル茨城」
をつくります

プロフィール

藤田 幸久

ふじた・ゆきひさ

1950年 茨城県日立市に生まれる。茨城大学付属中学校卒業、中学時代はサッカー部で茨城県大会で準優勝。茨城県立水戸第一高校卒業、慶応義塾大学文学部哲学科卒業。

スマイル茨城! 茨城に笑顔と力を!

コロナウイルスと、休業と生活苦から命と生活を守る。

初の国際NGO出身の国会議員。世界52か国を訪問。各国で難民支援や地震・津波救援活動などを行う。
「茨城に笑顔と力を!」をモットーに、財務副大臣として東日本大震災後の市町村庁舎再建、中小企業グループ補助金、圏央道や東関東道水戸線、鹿行大橋、鹿島港の重要港湾指定などの復興予算を決定しました。

もっと見る

全ての人に、
スマイルを。

泣いている地球の人々を、
笑顔にする政治を目指しています。

活動実績

コロナウイルスから命と生活を守る活動を行ってきました。食べ物、医療の確保と生活再建の支援です。
コロナ以前から、茨城空港の活性化や東関東道水戸線建設など のインフラ整備を支援してきました。
これらを、ふるさと「鹿行・県央地域」を元気にするチャンスに生かしてまいります。

2020年

2019年

2018年

もっと見る

政策について

わたしは本気―「政治と水の浄化」

安倍晋三前総理も菅義偉総理も、その政治手法や体質は全く同じです。桜を見る会での大量接待、河井克行元法務大臣夫妻による大量買収、財務省職員を自殺に追い込んだ森友問題などの安倍政権に対し、菅政権は日本学術会議の学者の排除という、強権政治を発動しました。都合のよい人々だけを金と権力で取り込む政治の汚染は、法律と民主主義を否定し、国民を貧しくしました。藤田幸久はこの政治の浄化と、霞ヶ浦、北浦、涸沼の水の浄化による観光支援とを進めて参ります!そして、真に「自由で民主的な」社会を作ります。

鹿行・県央のチャンス

コロナウィルスは、日本のさまざまな根本問題をあぶり出してくれました。食料やマスクや医療ガウンなどの自給率が低く、外国に依存し過ぎていること。東京だけに人もお金も感染リスクまでも集中しすぎる一方で、地方が空洞化していること。コメの種子、森林、大手企業の株などが外国に「日本売り」される一方で、庶民は貧しさを増し、格差が拡大の一方です。ここれらの問題が鹿行地域と県央地域を特に圧迫してきました。したがって、これらを抜本的に変えることによって、鹿行地域と県央地域を再生する絶好のチャンスとなります。そこで、私は、地域の皆様のご意見をいただきながら、以下の政策を進めて行きたいと思います。是非、皆さんのアイデアとお知恵をお貸しください。

  • コロナを機に食料の自給率向上と医療過疎からの脱却
  • 地域の連携と共通戦略を

命を生活を守る「農工両全」

産業技術による食の再生とブランド化。医療資器材(マスク、防護服、検査機器)・医薬品の国産化と緊急備蓄の増大のために「医療・防災」産業の創生を支援。岩上二郎知事の「農工両全」を、命と生活を守る「農工両全」に進化。

医療・介護支援による地域再生

「仕事さえあれば茨城に戻りたい」という東京在住の茨城県民が増えています。コロナと闘う医療・介護関係者の待遇改善による雇用創出と出生率向上。定住支援助成金や新規就農支援による人口増政策。

霞ヶ浦、北浦、涸沼、鹿島灘の「水」と歴史と食のツーリズム

鹿島神宮、水郷、茨城空港、大洗水族館、笠間の陶芸村、鹿島灘の海洋スポーツ、神栖の産業ツーリズム、なめがたファーマーズビレッジ、大場家屋敷、などの陸海空をつなぐ歴史と食のツーリズムの推進。地域全体の魅力度アップと観光戦略策定。